新いちょう大学校とは

 「年をとっても勉強しよう」「異世代間のコミュニケーションの深化」をモットーに、大阪市教育委員会が主催となって20年続いた『いちょう大学』の廃校に伴い、その理念を継承、更に進化させて2014年に講師陣によりNPO法人として新発足しました。

 他の生涯教育活動グループと異なり少人数制の落ち着いた雰囲気で、『いちょう大学』でも関心の高かった4コース(音楽・芸能・文学・歴史郷土史)に2015年からは「国際理解」コースを加え、全5コースで年間通じて講座やシンポジューム、コンサート等を開催しました。

 2017年度より、学習セクターと文化・芸術セクターが新設されました。学習セクターでは、「英語を学ぶ」、「伝統と芸能」、「音楽」、「歴史と伝統」、「国際理解」の5コースに加え、合同講義とシンポジュームが、また、文化・芸術セクターでは「オペラ・音楽鑑賞会」、「国際文化研究会」、「伝統芸能鑑賞会」が開催されています。

 
 講師陣は、大学教師として認められた講師のみならず、一線で活躍するプロの音楽家や現場で日々研究や業務にあたっている専門家が、さまざまな視点・観点から講義・生演奏も披露することにより、受講生の皆さまの知的関心度を高めます。

 また、期間修了時には受講生の皆さまの共同研究によるレポートを作成し、修了式で修了証とともにレポート集も渡されるのが特徴です。

 会場は、OCAT(大阪シティエアターミナル)4F にある大阪市立難波市民学習センター。JR、地下鉄、私鉄各線から徒歩5分以内に位置し、大変素晴らしい立地となっています。

 なにかを始めるのに最適の季節、知的好奇心あふれる「学び」の生活をぜひともにはじめましょう。

理事あいさつ 「新いちょう大学校」 第5期の受講について

 今日、変化の激しい社会の真っただ中にあって、自分たちがどう考え、どう行動するかは、どの世代にとっても大きな課題となっています。これまでの人生で積み重ねられてきた知識、経験則、実績にこだわり、自分だけが今までどおりでいることはできません。

新いちょう大学校は、「歳を重ねても勉強しよう」と「異世代とコミュニケーションする」をモットーに、みなさんの自発的な意志に基づいて、自分たちに有意義な知識、考え方をさらに身につけ、磨いていただく機関です。ここで学ぶことによって、これまでとはまた違う「新たな自分を創造する」ことが可能です。前向きに人生を構築する自分自身の確認もできます。

言うまでもなく当大学校の活動は、大阪府ならびに大阪市教育委員会、大阪教育文化振興財団の「後援」や、難波市民学習センターの支援協力によって成り立っています。誠にありがたく、心強い限りです。これら数々の支えに応えるべく、さらなる充実発展を目指す「新いちょう大学校」の第5期受講生を募集いたします。各分野の講義や講演、シンポジウムを通して、現代社会とのつながりや、他の世代との相互関係を築く自分を獲得していただきたいと思います。

みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

201711月

NPO法人新いちょう大学校 理事 谷口 雅之

 ■学習セクターと文化・芸術セクター
 学習セクターは「英語を学ぶ」「伝統と芸能」「音楽」「歴史と大阪」「国際理解」から1コース20回選択して(複数可)、合同講義5コマ、シンポジューム2コマ、年間計27回受講。文化・芸術セクターでは、オペラ・音楽鑑賞会、国際文化研究会、伝統芸能鑑賞会を開催しています。

魅力的な講師陣
大学教授や講師、一線で活躍中のプロなど経験豊富な講師陣が講義およびレポート作成を指導します。音楽コースでは目の前で生演奏も披露いたします。

■落ち着いた雰囲気と恵まれた環境
各コース40名。当番制による教室運営、受講生のグループでのレポート作成など、受講生同士のつながりや交流も深めます。徒歩数分圏内にJR、地下鉄、私鉄、バス停があり、アクセスが抜群に良い環境です。

■修了証とレポート集の発行
1期間学んだ証として、修了式では修了証と受講生の皆さまの共同研究によるレポート集をお渡しいたします。

■幅広い年齢層のかたに・・・
原則平日の月・火曜日に開催されますが、1コマや希望コマだけの聴講も可能です。学生さんや社会人の方の受講もお待ちしております。

NPO法人
新いちょう大学校・事務局

〒540-0015 
大阪市中央区十二軒町1-3-103
TEL&FAX:06-6765-5055
       日曜を除く13~17時
ページの先頭へ